株式会社城山ホームページTOPへサービス > クラウド版グループウェアサービス Office 365 > SharePoint Online

SharePoint Online -Office 365 -Microsoft

Sharepoint Online

□ 情報共有の促進
□ 文書管理機能
□ Office から操作可能な共有設定
□ テンプレートにより簡単に共有サイトを構築
□ 外部向けの公開用Webサイトの作成管理

ビジネス資料の作成は、関係者がそれぞれの得意分野を活かし、分担して進められれば効率的です。
クラウド上の社内データを使って需要予測を立てる。売上データの集計レポートを作成する。
現場レベルの小さな改善の意見を引き出して、チームメンバーで共有する。
あなたの、そして、関わる人すべてのアイデアとドキュメントが、
組織全体のナレッジになるのです。

Office から操作可能な共有情報

Office から操作可能な共有情報ファイルを SharePoint 上に置いておけば、、Office からの共有のための招待メールの配信や権限管理が可能です。SharePoint Online の操作を覚えていなくとも操作できるため、誰でも簡単に、そして、安全に共有を図ることが可能です。

迷うことのないファイル操作

ドラッグ&ドロップでファイルのアップロードやダウンロードが可能なだけではなく、日々の業務で行うような Explorer を利用したファイル操作も可能です。特別な操作方法が必要ないため、ユーザーは迷うことがありません。

「保存先はクラウドへ」が基本

簡単かつセキュアな情報の共有。データの喪失するリスクの飛躍的な低下。クラウド上に保存されているからこそ利用できる機能をはじめ、クラウドの活用にはさまざまなメリットがあります。Office アプリケーションにもクラウドに保存することを前提に設計されています。

情報を共有するチームサイト

チームサイトは、チームやプロジェクト単位で情報共有するためのクラウド領域。情報を発信する掲示板、共同作業のためのドキュメントライブラリ、社員コミュニケーションのためのエンタープライズソーシャルなどを、テンプレートで容易に構築できます。

外部のユーザーと安全にファイルを共有

SharePoint Online には、ファイルを外部ユーザーと共有するための招待機能があります。サインインが必要な方法と不要な方法(閲覧権限のみ)があり、そのときの状況とニーズに応じて選択できます。権限も自社で管理できるため、安全に共有を図れます。
Enterprise と Midsize は月間10,000ユーザー、Small Business では月間500ユーザーまで招待可能。追加ライセンスや費用はかかりません。

安全なドキュメント管理による災害対策

ドキュメントの管理では、便利な共有化を図るだけではなく、安全に保存することも重要です。地震や家事などの災害、盗難による被害、機械の故障など、数多くのリスクがありますが、クラウドに保存しておくことで、こうしたリスクを最小化できます。

ファイル、ライブラリ、サイト単位の権限管理

SharePoint Online では、ファイル単位、ライブラリ単位、サイト単位など、さまざまな単位で権限を管理できます。Office からは、ファイル単位の権限操作も可能です。たとえば、Word ファイルの共有相手を指定するというように、SharePoint Online での操作方法を知らなくても簡単に権限管理できます。

アンケート機能を利用して情報収集

社内の意見を収集する際、SharePoint Online では簡単にアンケート調査のページを作成できます。回答方式は、選択肢のメニュー、数値のみの入力、自由記述などさまざまな設定が選べます。

組織内個人用作業領域 SkyDrive Pro

SkyDrive Pro は、組織内個人がこれまで「ドキュメント」フォルダーに保存していたような作業中のファイルを、クラウド上に保存するための領域です。25GBの要領が割り当てられており、Office からクラウド上へ直接保存することができるため、ユーザーはこれまでと変わらない方法で作業できます。

無駄、手戻りを最小化する文章管理

間違って修正した資料。間違って削除したファイル。Office 365 の文書管理機能を利用すれば、これらも元通りにできます。バージョン管理機能は、資料を修正前に。ごみ箱機能は、削除したファイルを元に。クラウドに保存すれば、バージョンの散在が防げるほか、手戻りや無駄な作業が大幅に少なくなります。

美しく魅力的なWebサイトを構築可能

美しく魅力的なWebサイトを構築可能豊富なデザインテンプレートを使用し簡単なカスタマイズによって、美しく魅力的な公開用Webサイトを構築できます。設定をすれば、自社ドメインで利用することも可能。追加のオプション費用など一切不要。管理も簡単なので、割安に自社ホームページを持つことができます。

アプリでファイル同期もスムーズ

SkyDrive Pro 同期アプリケーションを利用すれば、SharePoint 上のドキュメントライブラリとローカルデバイスのフォルダーを同期できます。どちらで作業しても接続時に自動的に同期するため、ファイルは常に最新状態です。また、ローカルデバイスはオフラインでも利用可能。ネットワークのない環境でも作業できます。同期アプリケーションは Windows 版、iOS 版があります。

エンタープライズ検索で素早くアクセス

必要な情報にアクセスするため、FAST Search の検索機能を統合。SharePoint 上はもちろん、ファイルサーバーや外部Webサイトまで、あらゆる情報を検索できます。結果は一覧表示だけでなく、ファイルであれば中身が表示されるよう構造化されています。

Excel Services などの高度な機能(E3、E4)

Excel Services は、重荷ビジネスインテリジェンスで用いられます、Excelのブックを外部データソースに接続し、レポートを作成。そのブックはSharePoint ドキュメントライブラリに公開できます。外部データ接続は維持されており、必要に応じてデータを最新状態に更新することも可能です。

ページ上部へ